初上陸した衝撃

日本にiPhoneが初上陸したのは、アメリカで初代iPhoneが発売されてから一年が経過した2008年7月11日ことでした。初代のiPhoneは、日本が採用していた通信機関とは適合していなかった為に、販売されませんでしたので、二代目のiPhoneとなるiPhone 3Gが日本で販売されるとなって、多くの方が注目していました。

当時の日本国内では、未だにフィーチャー・フォンの所有率が高かったのですが、海外でのiPhone人気であったり、同じApple製品のiMacやiPhoneと外見がよく似ているiPod touchなどが、オシャレなガジェットとして確固たる地位を築いていたために、iPhoneは日本に上陸する前に、すでにオシャレなアイコンとして認知されていたのです。

iPhone 3Gは、日本ではSoftbankだけが販売許可を取得しておりました。当時のSoftbankは、docomoやauと比べて下に見られている状況だったのですが、このiPhoneの販売を機に、一気にdocomoとauと肩を並べるほどの存在となりました。iPhone 3Gの発売日の当日には、先行販売が行われていたソフトバンク表参道店には、長蛇の列が形成され、お祭り騒ぎとなりました。この騒動以降、毎年のようにiPhoneの発売日には、お祭りのようなイベントが開催されるようになっております。