iPhone上陸以前

iPhoneが上陸する以前の日本は、まだガラケーと呼ばれるフィーチャー・フォンが全盛の時代でした。日本は世界に先駆けてフィーチャー・フォンが進化しており、その独自性からガラパゴス諸島になぞらえて、ガラケーなどと呼ばれておりました。各メーカーは、独自の携帯電話を開発し、日本人の一人一人がそれぞれ個性的なフィーチャー・フォンを所有している時代でした。今のように多くの方がiPhoneを所有しているような同一性はなかったのです。

また、一方でスマートフォンを所有している方も少ないですが存在しておりました。iPhoneが登場する以前のスマートフォンは、スケジュールや住所、メモなどの情報を記録できるPDAと携帯電話の機能を併せ持った物だったため、一部のビジネスマンが仕事で使用しているような物でした。今のようにタッチパネルではなく、小さな物理キーボードが付帯しているようなモデルが多く、タイピングをするのに苦労していました。

そのような状況だったため、一部の方にとってはスマートフォンはあまり魅力的に見られることはなかったようです。このような状況において、徐々にiPhoneが日本人のフィーチャー・フォン依存からスマートフォンへと移行していくようになるのです。